個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

看護師は個人病院でパート勤務することが多いの?

看護師は個人病院でパート勤務することが多いのでしょうか?

パート勤務というと、クリニックや個人病院、もしくは介護施設などをイメージしやすいかもしれません。個人病院のパート事情を説明します。

看護師は個人病院にパートを用意してもらっている?

看護師は個人病院にパートを用意してもらっている、という表現を使うことができます。ここで言う個人病院と言うのは、20床以上100床未満の小規模病院のことです。

こういった個人病院では、限られた地域の中で看護師の採用をしていることが多く、慢性的な看護師不足に陥っていることが多いです。

となると、看護師を確保するために、看護師の要望を出来るだけ呑むようにしているケースが増えていきます。その結果として、パートでの採用も多くなると言えます。

もともとはクリニックで午前診のみで勤務がしたい、もしくは9時〜17時の仕事がしたいと考えていた、いわゆるママさんナースからの応募が多く、実は個人病院を第一希望として挙げていたわけではない看護師も多いのが実情です。

つまり、要望を呑まないと辞退してしまう看護師が多いとも言えます。こういった流れがあるため、逆に個人病院でのパート勤務を看護師が希望しやすいという状況になっています。

簡単にまとめると、看護師はクリニックを希望したが採用枠がない、もしくは求人の勤務時間などの条件が合わないという状態に陥り、第一希望は個人病院のパートではないが、条件的に一致することができたのが個人病院だから個人病院に決めた、となるのです。

これが、看護師が個人病院のパートで勤務することになりやすい理由です。

看護師が個人病院のパートを本当は選択したくない理由

看護師は個人病院のパートで勤務することになりやすいと説明しましたが、その反面個人病院のパートを希望して選択したわけでもありません。

看護師のパート勤務で最も人気が高いのはクリニックです。クリニックの場合は外来の診察補助勤務以外の職場がないところが多く、異動の心配がないためです。

個人病院の場合は、例えば外来のパートで勤務を開始したとしても、病棟の看護師が不足した場合に異動の話が出てくるケースもあります。

パート勤務では勤務時間を看護師と病院側の双方の要望で決めていきますので、異動の話を拒んでしまうと、勤務時間が少なくなってしまったり、働きにくい環境になる可能性があります。

こういった面を考えると、個人病院で状況が変わっての異動を言われた際には、それを受け入れざるを得ないのが実情なのです。

そして、パート勤務を希望する看護師は、外来を希望するケースが多いです。これは残業時間であったり、仕事内容であったりが理由になります。

病棟は正社員として勤務するのであれば良いのですが、パートとなると患者様の状態を把握しにくいという点があり、出来るだけ外来で仕事がしたいという看護師も多いです。

仮に個人病院で最初に外来勤務ができたとしても、上記で説明したように異動になる可能性もあります。こういったことから個人病院のパートを選択したくないとなります。

看護師は個人病院でパート勤務しながらキャリアを考える?

看護師は個人病院でのパート勤務を、子育て期間中に行うことが多いです。これはクリニックでのパート勤務を希望する場合でも同じことが言えますが。

やはり子育て期間中は短時間の勤務や残業が少ない環境、土日祝が休みの環境などが重要になってきます。そういったものが揃っている働き方が、クリニックや個人病院でのパート勤務なのです。

そして、個人病院でのパートを希望する場合は、将来的なキャリアを考えての場合も多いです。

パート勤務先をクリニック、個人病院を挙げていますが、同じような条件としてデイサービスのパートもあります。

しかし、デイサービスのパートで例えば10年間勤務をすると、その後病院でのキャリアをもう1度と考えた時に、勘を取り戻すのに時間がかかってしまう可能性があります。

これはデイサービスほどではないにしてもクリニックでのパート勤務でも同じことが言えます。

将来的なキャリア、子育てが落ち着いたらもう1度、常勤の看護師として病院でのキャリアを考えていきたい、という考えの場合は、子育て期間中は個人病院でのパート勤務という選択が良いのかもしれません。

まとめ

看護師の個人病院でのパート勤務について説明してきましたが、いかがでしたか?

結局のところは、個人病院でのパート勤務を強く望んでスタートさせる看護師は少ないと言えます。

しかし、子育て期間終了後の将来的なことを考えた場合に、ベストな選択と感じる看護師も多いと言えます。簡単に表現すると、個人病院のパートはママさんナースにとって無難な働き方なのです。

しかし、上記でも説明しているように、個人病院にも部署がいろいろとあり、看護師不足の状況によって異動があるケースもあります。

そういったことが少ない個人病院を探すためには、看護師転職支援サイトを活用すると良いでしょう。今までの看護師の斡旋実績から、異動が多いかどうかなどの情報もあります。

こういった情報は自分ではなかなか収集できませんので、貴重な情報になると思いますよ。

個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

このページの先頭へ