個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

小児科の個人病院は看護師に人気が高い?

小児科の個人病院は看護師に人気が高いのでしょうか?

小児科の個人病院は比較的看護師の募集が少ないイメージがあるかもしれません。どういった状況になっているケースが多いのかを説明します。

小児科の個人病院は看護師にとってどうなの?

小児科の個人病院は看護師にとってどのような職場なのでしょうか?

ここで言う個人病院とは20床以上100床未満の小規模病院ですが、小児科の専門病院はほとんどがこの中に含まれます。

そして、求人としてはあまり見かけることがありませんよね。小児科というのは看護師にとって人気が高いというわけではありませんが、希望する看護師は小児科以外では働かない、という感じになっています。

つまり、小児科の専門病院は100床未満の個人病院が多いという現状で考えると、小児科を希望する看護師で十分に埋まってしまうということなのでしょう。

では、なぜ小児科の看護師は小児科の専門病院に集まるのでしょうか?

小児科は総合病院などにも普通に入っている診療科目ですよね。次では小児科を希望する看護師は小児科の個人病院を選択する理由を説明します。

小児科の個人病院を看護師が選択するのはより専門的に勉強したいから

小児科の個人病院を看護師が選択するのは、より専門的に勉強したいという気持ちが強い看護師が小児科を希望することが多いためです。

総合病院などでも小児科はありますが、小児科で勤務できる保証はありません。また、小児科で専門的な分野になると、小児科の専門病院(小児科の個人病院)や大学病院などに転院することが多いです。

大学病院の小児科という選択肢もあるということですが、これも総合病院と一緒でずっと小児科に携わることができる保証はありません。

保証がないというよりも、どちらかと言うと別の診療科目に数年で異動する可能性の方が高いです。

つまり、専門的なより高度な小児科の医療に携わるためには、総合病院ではなく大学病院や小児科の専門病院(小児科の個人病院)で勤務することが必要で、ずっと小児科に携わるためには小児科の専門病院(小児科の個人病院)で勤務することが必要になるのです。

小児科の個人病院に看護師が就職するためには

小児科の個人病院に看護師が就職するためには、どういったことが必要なのでしょうか?

まずは、採血・点滴・注射が上手になることが大切です。ここで言う上手になるというのは、血管が細い子供などの難しいケースにも対応できる技術ということです。

例えば、小児科でなくても高齢者が多い病院などであれば、血管が細い方、脆い方への採血業務などが発生します。そういったところでしっかりと経験を積んでおくことが大切です。

また、より高度な小児科医療であれば小児科の個人病院での勤務が必要になってきますが、地域医療の中での小児科医療に携わりたいのであれば、小児科クリニックで勤務するという手段もあります。

クリニックは求人が少ないと言われていますが、小児科クリニックの場合は比較的求人が出やすくなっています。

それだけ忙しく残業も多い環境になっていることが多く、一般的なクリニックで勤務したい看護師には敬遠されがちだからです。

また、小児科のクリニックは子供の親との関わりもダイレクトにあります。というよりも、子供の親に対する対応がメインと言っても過言ではありません。

もちろん、小児科の個人病院や総合病院でも子供の親との関わりはありますが、小児科のクリニックと比べると、優しい対応になります。

というのも、やはりクリニックという環境が言いやすいからです。クリニックは子供の親との距離が近く感じると思いますが、それによって思っていることを全て吐き出してしまう親もいるのです。

そして、その親が自分の子供可愛さに、いわゆるモンスターペアレントと化してしまうこともありますので、これも小児科のクリニックが人気がない理由の1つになっています。

まとめ

小児科の個人病院の看護師の状況を説明してきましたが、いかがでしたか?

小児科の個人病院は特別人気が高いわけではありませんが、小児科の専門病院の殆どは個人病院になるため、看護師の採用枠の絶対数が少ないという実情があります。

そして、小児科の個人病院で勤務したいのであれば、採血・点滴・注射においてスペシャリストになっていることが望ましいです。

これは小児科だけでなく、高齢者に対する採血・点滴・注射でも十分にスキルを磨くことができます。

また、小児科のクリニックで勤務するという選択肢もあると説明しました。小児科の個人病院で勤務できるようにスキルを磨く手段はいろいろとあるのです。

しかし、実際にキャリアプランを考えていく上で、やはり小児科の個人病院で勤務がしたいというケースもあるでしょう。

そして、小児科の個人病院は、子供の親との関わりが小児科のクリニックと比べると楽という点から、小児科の個人病院での勤務を強く希望するケースもあります。

そういった時には、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに相談すると小児科の個人病院の情報を教えてくれます。

すぐに見つかるわけではないことが多いですが、小児科の個人病院の求人が出た時には、すぐに知らせてくれます。

こういった情報は貴重なものになりますので、是非看護師転職支援サイトを活用するようにしましょう。

個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

このページの先頭へ