個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

個人病院の看護師の仕事内容を役割から読み取る

個人病院の看護師の仕事内容を考える際に、個人病院における看護師の役割が重要になります。

役割を理解することで、個人病院での看護師の仕事内容を理解することができます。

個人病院の看護師の仕事内容で重要なのは患者様との関わり?

個人病院の看護師の仕事内容で最も重要と言えるのは、患者様との関わりです。これは看護師であれば個人病院に限らず重要と言えるものではありますが、個人病院は尚更、ということです。

ここで言う個人病院とは20床以上100床未満の小規模病院のことです。こういった病院は患者様との距離が総合病院などと比べると近くなるため、関わり方も深くなります。

簡単にイメージを説明すると、頻繁に常連のお客様と言える患者様が来院される、という感じですね。

また、外来だけでなく入院患者様も1度ではなく何回も入退院を繰り返しているケースも多く、顔見知りになっていることが多いです。

患者様が入院される際に、冗談も含まれていますが「おかえりなさい」という表現になっていることもあります。それくらい頻繁に入退院を繰り返していることもあるのです。

個人病院の看護師の仕事内容は治療に関わるというよりも

個人病院の看護師の仕事内容としては、採血・点滴・注射はもちろんありますが、治療に関わることが重要な仕事ではなく、どちらかと言うと患者様の話し相手となることが大切です。

入退院を繰り返している患者様が多いということで、治療についても慣れたものである患者様が多いです。入職して数年の看護師よりも個人病院のことに詳しい患者様も少なくありません。

そういった患者様に対して、看護師として医療行為の説明だけを淡々と行ったりしていると、患者様との良好な人間関係を構築することができないことがあります。

患者様の方が看護師よりも病院について詳しい、病気に対しても知識が豊富になっているという場合は、患者様の話し相手に徹することが、スムーズに仕事を行っていくために重要になるのです。

まずは患者様との人間関係をしっかりと構築し、治療に対して患者様が協力的になるような関係をつくり上げることができることが、看護師の仕事内容の中で肝となるでしょう。

個人病院の看護師の仕事内容はつなぎ役?

個人病院の看護師の仕事内容でもう1つ重要なのが、医師と患者様の間に入って調整を行うつなぎ役になることです。

個人病院では研修医などはあまりいませんし、その前に医師の数が総合病院などと比べると圧倒的に少ないです。

となると、患者様と医師との関わりがどうしても少なくなっていることがあります。その時に、看護師がいかに患者様のことを医師に伝えることができるかで、患者様の不安を和らげることに繋がります。

患者様はそもそも医師に対してはなかなか言いたいことを言えないものです。その結果、看護師に対して、治療で感じている不安などをぶちまける傾向があります。

それを医師に上手く伝えていくことが、患者様の不安を和らげることに繋がりますし、結果として看護師が仕事をしやすい環境にもなります。

まとめ

個人病院の看護師の仕事内容について説明してきましたが、いかがでしたか?

結局のところ、個人病院の看護師の仕事内容は、患者様の声にしっかりと耳を傾けるということです。

患者様の声にしっかりと耳を傾け、患者様が安心して治療を受けることができる、入院生活を送ることができるようにすることが、個人病院の看護師の仕事内容の中で、もっとも重要と言えるのです。

個人病院の看護師は、患者様との距離が近くなるという特徴があります。こういったことにやりがいを感じるのであれば、個人病院に転職すると良いですね。

個人病院の情報は、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに確認すると、より詳しい情報を得ることができます。

個人病院はどういった患者様が入院しているか、どんな医師が在籍しているかで、仕事のやりやすさが大きく異なります。

転職コンサルタントは、紹介実績などから個人病院の内情も把握していることが多いので、そういった情報を有効活用しましょう。

個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

このページの先頭へ