個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

看護師が個人病院に就職する時に必要なこと

看護師が個人病院に就職する時に必要なことの中には、どういったものがあるのでしょうか?

個人病院には個人病院の特徴があり、それに合わせて必要なスキルや能力もあります。どういったものがあるのかを説明します。

看護師が個人病院に就職する際に重要な基本的なスキル

看護師が個人病院に就職する際に重要な基本的なスキルには、どういったものがあるのでしょうか?

ここで言う個人病院というのは、20床以上100床未満の小規模病院のことです。こういった個人病院で看護師が勤務するために必要なスキルは、採血・点滴・注射などです。

こういった業務は看護業務の中でごく当たり前のものです。しかし、ほとんど関わることがない病院というのもあるのです。

例えば、規模は全く違いますが、新卒で大学病院で勤務した看護師は、採血や点滴、注射をほとんど行ったことがないというケースも珍しくありません。

大学病院では、採血・点滴・注射といった業務が研修医の仕事になっているためです。もちろん、その他にも看護師の業務は多くありますが、採血・点滴・注射は個人病院では当たり前のように看護師が行う業務です。

つまり、個人病院で勤務する際に、採血・点滴・注射ができないと、即戦力として仕事ができるとみなされないのです。

個人病院では特定のキャリアなどは必要ありませんが、最低限即戦力として勤務することができるスキルがないと、就職できないことがあります。

即戦力として勤務することができるスキルとして、採血・点滴・注射があるのです。この点は注意した方が良いですね。

看護師が個人病院に就職する際には教育体制はないと思った方が良い

看護師が個人病院に就職する際には、教育体制はないと思った方が良いですね。もちろん、就職してすぐは医療機器の場所などを教えてもらえますが、技術的な面の教育はほとんどありません。

つまり、教えてもらえるのは、個人病院のルールだけだと思っておくと良いでしょう。

こういったことから、教育体制が必要、個人病院でもある程度は仕事を教えてもらえるだろう、と思って就職すると、全くついていくことができずに早期退職になってしまうというケースも少なくありません。

これは、教育できる看護師がいないというよりは、もともと個人病院は10年以上のキャリアがあるママさんナースなどが選択することが多く、今までの経験を活かして仕事をするのが一般的であったためです。

経験豊富な看護師が、一から教育を受けたとしても、なかなか素直に聞くことはできませんし、教えてもらう側も反発してしまうことがあるでしょう。

経験が長い看護師が多く就職する個人病院では、教育体制は逆にない方がスムーズなのかもしれませんね。

看護師が個人病院に就職する際は条件面の確認をしっかりと

看護師が個人病院に就職する際は、条件面の確認をしっかりと行うことが重要です。特に、お休みの部分と月給、そして賞与の昨年度実績です。

個人病院の場合、給与は月給=基本給となっている場合もあり、一見何を確認するのだろう?と思うかもしれません。

確認が必要なのは、金額の部分ではなく、実際にどうなっているか、内定通知書のようなものをしっかりともらうことが大切ということです。

例えば、口頭ベースで面接時に給料はこれくらいで休みはこうなってて賞与はだいたいこれくらいかな、みたいな話で終わってしまうことがあります。

そして、入職後に話が違うということが発生するのです。

例えば、面接で月給として聞いていた額には夜勤手当が含まれていたり、休みの中で希望休の申請ができると聞いていたが、実際にはほとんど聞いてもらえない、賞与が昨年はカットされていた、などもありえます。

これは、あえて伝えていなかったということもありますし、場合によっては採用担当者が把握していなかったり知らなかったりすることもあります。

こういったものをしっかりと把握することで、就職で失敗することが少なくなります。

個人病院だから、というわけではありませんが、条件提示を出来るだけ面接時に行ってもらうようにし、把握した上で検討することが就職を成功させる上で大切なことです。

まとめ

看護師が個人病院に就職する際にどんなことが必要なのか、そしてどんな注意点があるのか、といったことを簡単に説明しましたが、いかがでしたか?

これは個人病院に限ったことではないですが、特に個人病院を希望する際に心がけて欲しいのは、教えてもらうという感覚を持たないことです。

教えてもらってないから分からなくて当たり前、という感覚を持つと、個人病院では上手くやっていけません。

自分から積極的に教えてもらうことが大切なのです。

そういった中でも、比較的教えてもらいやすい個人病院や、就職した際の情報などを細かく教えてくれる病院とそうでない病院があります。

自分で見極められるかというと、なかなか難しいでしょう。

看護師転職支援サイトを活用することで、どういった個人病院なのかを事前に把握することができますし、仮にもっと詳しく知りたい情報があった時でも、転職コンサルタントに代わりに聞いてもらうことができます。

納得いくまで情報を収集して就職する、これが就職に成功する上で最も重要なことです。

個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

このページの先頭へ