個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

個人病院の看護師の退職金は実際にどうなの?

個人病院の看護師の退職金は実際のところどうなのでしょうか?

これは一般企業でも同じですが、大企業の方が退職金は良いと言われがちです。看護師の職場である病院でも同じなのでしょうか?

個人病院の看護師は退職金を気にする?

個人病院の看護師は退職金を気にしているのでしょうか?

結論を先に言うと、個人病院の看護師の多くは退職金を気にしています。

ここで言う個人病院というのは20床以上100床未満の小規模病院なのですが、実は退職金の金額を気にしているケースは少なく、退職金の有無を気にしていることが多いです。

大学病院や国公立病院、総合病院では退職金の支給はまずありますよね。そして、クリニックであれば退職金の支給はないところが多くなります。

個人病院というのはその中間なのです。大規模な組織ではないですが、個人事業主でもないというところで、小規模な組織での勤務を希望している看護師で、退職金制度があるところを探している看護師が希望する職場とも言えます。

個人病院の看護師は退職金制度を利用しているの?

個人病院の看護師は退職金の有無を気にすると説明しましたが、退職金制度を利用しているのでしょうか?

結論を先に言うと、利用しているケースは多いです。ただ、退職金と言っても支度金程度になっていることが多いです。

というのも、数年の勤務での退職が多いためです。多くの個人病院で、退職金対象者は3年以上在籍した看護師になっています。

そして、看護師は大体3〜5年程度で転職をします。その結果、ギリギリ3年超えで退職金は受け取るが10〜30万程度であったりすることが多いのです。

そして、このことは個人病院を希望する多くの看護師が把握しています。というのも、複数回の転職をすると、大体退職金の金額がどれくらいになるかが分かってくるためです。

つまり、個人病院を希望する看護師にとっての退職金は、退職時の臨時ボーナス感覚になっています。

ちなみに、これは個人病院の看護師だけじゃないんじゃないの?と思われるかもしれません。確かに転職を繰り返している看護師に関しては、どの職場でも一緒かもしれません。

しかし、大学病院や国公立病院、総合病院などでは定年退職を意識しての退職金制度で考えている看護師もいます。

やはり、組織の大きさによって退職金の金額も異なってきますし、看護師の志向も変わります。

大規模な病院で安定してキャリアアップするのと、小規模な病院で自分の力を試すというのと、性格の違いによるものも大きいと思います。

個人病院の看護師は退職金には固執しない?

個人病院の看護師は退職金の有無は気にして、支度金のような感覚で退職金制度を利用しているケースが多いと説明しました。

しかし、退職金に対して固執する感覚はあまりありません。そして、制度として分かりにくい面が多いため、退職金制度があるかないか、そしてある場合には何年の在籍期間で支給対象になるかだけが気になっています。

例えば、退職金を本当に気にするのであれば、基本給も大切になってきますが、基本給は賞与に関してのみで興味を持っている看護師が少なくありません。

また、クリニックを希望する看護師は、退職金制度はないものとして考えていることが多いです。

つまり、クリニックの看護師にとって退職金とはあると嬉しいものだが固執するほどのものではない、というものなのです。

個人病院に関しても、退職金の有無以上に給与や休日などの条件面や仕事内容が大切で、そのついでに退職金制度があるかないかをちらっと見るだけの看護師が多く、仮になくてもその他が魅力的であれば退職金がないから転職先に選択しない、とはなりません。

まとめ

個人病院の看護師の退職金に関して説明をしてきましたが、いかがでしたか?

結局のところは個人病院の退職金の有無は一応気にしますが、それ程重要視している看護師は少ないということです。

そして、退職金の持つ意味というのは、次の職場を探すまでの支度金のようなものとして捉えているケースが多いです。

こうやって見ていくと、それ程退職金制度が大切なわけではありませんが、あるに越したことはないですよね。

また、出来るだけ在籍期間が短くても支給対象になるところが良いですよね。そういった個人病院を探すには、看護師転職支援サイトを活用することをお勧めします。

中には、1年以上の在籍期間で退職金の支給対象になる個人病院もあります。こういった情報はなかなか自分では見つけることができませんので、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに確認しましょう。

退職金が最も重要ということではありませんが、退職金制度を上手く利用することで、フレキシブルなキャリアプランを立てることができるのも事実です。

使えるものは有効に活用することが大切ですね。

個人病院の看護師の求人に強い転職サイトは? 個人病院の看護師についての記事一覧

このページの先頭へ